メニュー

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel 0761-21-5413

スタッフブログ・トップ

スタッフブログ

慢性腎臓病

 慢性腎臓病についてお話ししたいと思います。腎臓病には急性腎不全と慢性腎臓病があります。これは、経過による違いであり、簡単に言うと長年の時間経過とともにじわじわと悪化したのが慢性腎臓病です。一方、急性腎不全により急激な腎臓へのダメージが、そのまま残存したことにより慢性化し、慢性腎臓病にいたるケースもみられます。  

   慢性腎臓病は、特に猫で非常に多い泌尿器系の疾患であり、高齢動物では注意する必要があります。初期症状として、「たくさんお水を飲む」、「たくさんおしっこをする」、「色の薄いおしっこをする」などがあります。進行すると体内の水分が奪われ脱水状態となり、体重減少、食欲低下~廃絶、嘔吐、「息が臭い」などの症状を示します。末期的になると、乏尿といって腎臓での尿産生が停止し、貧血などを合併した後、最終的に体内の老廃物を排出できないため尿毒症となり死の転帰を迎えます。腎臓の恐ろしいところは、肝臓などの再生能力がみられる臓器と異なり、ひとたび腎不全に陥ると残念ながら機能が甦ることはほとんどないことです。

   軽度の腎障害は症状が見逃されることも多く、尿検査や血液検査の所見から診断することになりますが、疾患には常に検査の限界がつきまといます。腎臓のスクリーニング検査として一般的に実施されている血中尿素窒素(BUN)やクレアチニン(Cre)は感度の高い検査ではないため、正常値であっても腎不全ではないと言うことはできません。逆に、参照値を超えている場合は、腎臓の大多数(70%以上)が障害を受けている可能性があります。血液検査で正常値であっても、比重の低い尿(低比重尿)がみられる場合、腎不全に警戒する必要があります。但し、尿検査および血液検査のいずれも一度の検査では腎疾患と確定判断することは困難なため、十分な水分摂取をおこなった後、再検査を実施する必要があります。

   上述の通り、ダメージを受けた腎臓を再生させることは困難であるため、慢性腎臓病との診断が下った場合は、とにかく腎臓を少しでも長持ちさせること考える必要があります。過去の研究データから、腎不全罹患動物において低リン食を摂取させた方が、リンを制限していない一般食よりも生存期間が延長することが知られているため、リンおよびタンパク質を制限した食事療法は極めて重要となります。その他、薬物治療として腎血管を拡張させる血管拡張薬、食事中に含まれるリンを吸着させる、いわゆる吸着剤の使用などがあります。食事療法および薬物療法で、一般状態の維持が困難な動物には、輸液療法を実施します。

  慢性腎臓病の動物での定期健診はもちろんですが、みため元気な動物達にも健康診断をお薦めしております。ヒトでも、一定年齢以上になると年に1回程度、健診があるように、当然のことながら動物でも重要と思われます。犬および猫の1年間はヒトの4年間以上に相当するため、年に1回の健康診断はヒトの4年に1回程度であり、これだけで十分とは言えない面もありますが、最低年に1回はお薦めしております。

  2014/10/20   スタッフ

犬糸状虫(フィラリア)症

 犬糸状虫(フィラリア)症は、蚊が媒介する寄生虫が動物の心臓内に住み着くことにより起こる疾患です。フィラリアの子虫を持った蚊が動物を刺す時、子虫も同時に動物の血液中に入り込むことで寄生が成立します。血液中に入りこんだ子虫は、何ヶ月もの時間を経てそうめん様の糸状の成虫となり、心臓の肺動脈と言われる場所へ寄生します。

  犬の場合、フィラリア成虫が数隻寄生したのみでは症状を示すことは少ないですが、成虫が心臓内に溢れるほど寄生した場合、呼吸不全(息が苦しい)、心不全(胸やお腹に水が溜まる)および血色素尿(ワイン色の尿を出す)などの症状を呈します。これが、いわゆる後大静脈症候群(VCS)です。VCSになった場合は、致死的なことが多く、「成虫吊り出し術」といわれる緊急的な手術が必要となります。この手術は、極めてリスクの高い手術であり、例え成虫を完全に摘出したとしても既にダメージを受けた肺の血管を修復することは困難です。

 現在、月に1回服用することでほぼ100%、予防することが可能な経口薬がありますので、寄生してから治療するのではなく、何より予防が非常に重要です。予防薬の普及により以前より寄生動物数は減少したものの、未だフィラリアを寄生している動物が散在しており、それだけフィラリアに寄生した蚊も存在することが推測されます。

 当院では、蚊の発生期間を考慮し5月から12月までの計8回の投与を推奨しております。途中、飲み忘れなどにより投与が行われなかった場合、寄生することをあるので注意が必要です。尚、経口薬以外に背中に垂らすタイプの薬剤(毎月)もあります。また、薬剤を1回注射をすることで、1年間、予防が可能な薬剤もあります。フィラリア症は、犬以外に猫、フェレットなどにも寄生するため、これらの動物種においても予防をお薦めしております。

 当院で初めて、フィラリアの予防を開始される動物には、寄生の有無を判定するための血液検査を実施させて頂いております(生まれて間もない動物は除く)。

 

  2014/10/18   スタッフ

猫伝染性鼻気管炎

   徐々に気候も冬へと近づいてきますが、これから増える可能性がある猫ちゃんの感染症として「伝染性鼻気管炎」があります。「猫ちゃんの風邪」と表現すると分かり易いかもしれません。この疾患は、ヘルペスウイルス、カリシウイルスや二次的な細菌感染が原因となって鼻汁分泌、くしゃみ、目やに、流涙、流涎などを呈します。病原体の種類により症状は異なりますが、重度になると食欲低下を伴い、栄養状態の悪化が進行すると命を脅かすこともあります。

   猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスに既に感染している個体は、特に重症化しやすいです。伝染性鼻気管炎の病原体へ一度感染した個体は、終生病原体を排出し続けるため、本疾患を完治することは不可能ですが、いくつかの治療法により症状を緩和させることが可能です。

   治療法として、比較的軽度な場合は、インターフェロンの点眼点鼻および口腔内投与と抗生物質の併用、さらに中等度から重度の場合は、注射によるインターフェロンの投与をお薦めしております。本疾患は伝染性のため、罹患した猫ちゃんの健康管理ももちろんですが、他の健常な個体へ伝播するため注意が必要です。効果は100%ではありませんが、本疾患からの防御法として予防接種の実施は必須です。また、屋内飼育により新規感染を阻止することは有効です。因みに、犬には本疾患と同様な風邪様症状を呈する病原体はなく、ヒトへも感染しません。

  2014/10/16   スタッフ

猫の排便障害に対する骨盤拡張術の適応

                骨盤拡張(HP用).jpg

  当病院にて実施している外科的治療の一例をお示し致します。症例は、雑種猫、7歳齢、雄(去勢済)です。1~2歳時、交通事故により骨盤骨折し、これに伴う骨盤内腔の狭窄により排便障害がみられておりました。近医にて週1回程度、宿便除去を継続しておりました。

   本症例は、金属性のプレートを骨盤結合部に装着することで有意な骨盤内腔の拡幅が得られ、スムーズな排便が実現しました。その後、宿便除去を行う必要性がなくなり、飼い主様および猫ちゃんの負担は大幅に軽減されました。

  2014/10/11   スタッフ

矢田獣医科病院

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel  0761-21-5413
fax 0761-24-6407