メニュー

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel 0761-21-5413

スタッフブログ・トップ

スタッフブログ

甲状腺の病気

 久しぶりのブログ更新となってしまいました。笑。寒いのは寒いんでしょうけども、雪がふるわけでもなく、はっきりしない天気ですね。今日は、甲状腺のお話しです。

 動物種によってその形態や、左右の甲状腺の繋がり方などは異なりますが、ヒトと同様に動物にも甲状腺があります。甲状腺の主な役割は、甲状腺ホルモン(サイロキシンなど)の分泌です。ここから分泌されるホルモンには、様々な重要な働きがあります。代表的な作用として、脂質の代謝や、元気および活力の向上、心臓機能の維持などがあります。病気の発生頻度も動物種により異なりますが、犬では甲状腺機能低下症が、一方、猫では甲状腺機能亢進症が甲状腺の病気としては多くみられます。

 甲状腺機能低下症の症状として、元気がない、寝ていること多い、食欲にムラがある、心拍数が少ない(徐脈)、肥満、かゆみをあまり伴わない脱毛などがあります。甲状腺ホルモンの分泌が極端に低下した場合、昏睡などを引き起こし、命とりになることもあります。一方、甲状腺機能亢進症では、もの凄い勢いでご飯を食べる、食べる割に太らないまたは痩せていく、攻撃的な性格、嘔吐、多飲多尿などがあります。症状をみてお解かりの通り、低下症と亢進症は真逆の病態です。甲状腺機能亢進症は、ヒトでいうならばバセドウ病がこれに該当します。甲状腺の腫瘍でもホルモンの分泌に何らかの異常を及ぼすことがあります。

 甲状腺機能の評価は、血液検査による甲状腺ホルモンの測定や超音波検査による形態評価を行い、臨床症状と照し合せることにより診断します。しかしながら、他の疾患が根本的な原因として存在しており、二次的に甲状腺機能低下症を引き起こしている場合があるため、診断には注意を要することがあります。甲状腺に根本的な問題がある場合、根治的治療がないため、薬剤投与による甲状腺ホルモンの補充を一生涯にわたり実施する必要があります。甲状腺機能亢進症は、逆に甲状腺ホルモンの働きを抑える薬剤を服用するか、ヨード含有量が極端に抑えられたフードを給餌することなどが治療法となります。猫の甲状腺機能亢進症は、すぐに命を脅かすことは少ないですが、心拍数上昇などによる二次的な影響として心筋の肥大が起き、心臓の寿命を著しく短くすることがあるため、恐い病気であるといえます。

 

  2015/01/15   スタッフ

多飲多尿について

 久しぶりのブログ更新になります。しばらくさぼっておりました。笑。

今日は、「多飲多尿」という症状についてお話し致します。この症状は、字の通り、異常にたくさんお水を飲み、異常にたくさん尿をするというものです。ヒトでも、大量の飲酒や利尿作用のあるカフェインなどを摂取した際は、尿量が増えるのは生理的な現象ですが、動物においてもこれら以外の理由で頻繁な排尿や、尿の色が薄いなどの徴候は異常といえます。一方、体が脱水状態になると水を欲するのもある意味では生理的なメカニズムと言えますが、犬および猫で1日80~100ml/kg以上の飲水量がある場合、明らかな多飲です。したがって、こうした症状がある動物は、何らかの病気に罹患している可能性があるため、早期の受診をお薦めいたします。

 多飲多尿を引き起こす病気として、腎不全、内分泌疾患(糖尿病などのいわゆるホルモンが関係する病気)、子宮蓄膿症、肝不全、心因性(精神的な問題)などがありますので、体のどこのトラブルで症状が起きているかを見定める必要があります。一方、多飲がなく、夜間に尿もれをするなどの症状は、さらに他の疾患である場合もあるので、注意が必要です。

 前述の疾患のうち、多飲多尿で来院する猫ちゃんで比較的多いのは、腎不全と糖尿病です。特に慢性腎不全は、血液検査で腎臓病が判明する頃には、腎臓という臓器の大半は障害されております。では、早期に腎不全をチェックするためにはどうすれば良いかというと、重要となるのは尿検査です。尿の比重、尿中のタンパクおよび糖の有無などを調べることで、血液検査より早期に異常を発見できるため、犬猫を問わず、血液検査と合わせて健康診断として実施することが望まれます。

 健康診断の目安ですが、ヒトでは年1回程度が標準的でしょうが、動物の場合、年1回の検診は、ヒトで換算すると4年に1回程度に相当するため、長過ぎるといえます。ですので、動物の場合は、見た目には健康であっても半年に1回程度はお薦め致します。

 尿量をご自宅で厳密に把握するのはなかなか困難ですが、飲水量はおおよその量を把握することが可能です。最も簡単なのは、給与した水がどれ位残っているかを調べる方法ですが、もう少し厳密に知りたい場合は、ペットボトル式の給水器をケージなどに装着すれば、一目で飲水量を把握することができるので、有効な方法といえます。

  2014/12/21   スタッフ

去勢手術と避妊手術

 よく知られた話しではありますが、去勢手術と避妊手術について少し書いてみます。生殖器は、神から与えられた臓器ではありますが、必要に応じてこれらを切除する手術があります。簡単にいうと、去勢手術は精巣を、避妊手術は卵巣と子宮(卵巣のみ切除する方法もあります)を外科的に切除することです。

 この手術をする目的は、いくつかあります。動物種により目的は若干異なる面もありますが、ひとつは動物行動的な問題を改善するためです。雄であれば、あちらこちらで匂いつけのためにオシッコをちょこちょことする行動(マーキング)、雌に向かっていく気性が強すぎる、けんか癖が強いなど、ヒトと共存していくには障壁となりうる様々な問題があります。雌であれば、特に猫でもだえる様なしぐさをし、異常な声を発するなど、発情時に特有の行動があげられます。特に外出をする雄猫では、野良猫の繁栄を防止するため、また雌猫の場合は、不用意な妊娠を回避することを目的として施術することがあります。    

 一方、未然に大病の発生を防止する予防策として実施するケースもあります。犬を例にとってみると、雄の場合、年齢を重ねていくと、ヒトと同様に前立腺肥大(※クジラ、アリクイ、アルマジロ、ナマケモノの仲間を除いて発達の違いはあるものの、ほとんどの生物に前立腺があります)が起こることがあります。また、精巣自体が腫瘍化することがあるため、病気になる前に生殖器を切除してしまおうという考え方があります。

 雌犬では中高齢期になると多くなる病気のひとつに子宮蓄膿症があげられます。これは、名前の如く、子宮が膿でパンパンになり、正常であれば直径が5mmにも満たない子宮が巨大なソーセージ位に腫大する病気です。元気消失、多飲多尿、嘔吐、陰部からの排膿などの症状を呈し、放っておけば腎不全、腹膜炎、敗血症などを併発し、死亡することもあります。また、子宮の先端についている卵巣が腫瘍化することもしられております。卵巣自体に問題がなくても、ここから分泌されるホルモンの問題により、乳腺や腟などに様々な病変を起こすこともあります。犬では、生まれてから2回目の発情が来る前に避妊手術を実施することで、乳腺腫瘍の発生を有意に低下させることができるという報告もあります。

 第三に、治療の一環として実施する場合です。これには前述のような前立腺のトラブルや生殖器の腫瘍以外にも、尿道を操作する手術、会陰ヘルニア、肛門周囲の腫瘍等々があります。子宮蓄膿症の場合、実施する手術の内容は、通常の避妊手術とほぼ変わりませんが、病気になってから行う手術は、術中および術後のリスクが健常時とは全く異なります。

 手術をすべきか否かは、最終的に飼主様に委ねるしかありません。健康な動物にメスを入れるわけですから、全身麻酔などのリスクと、手術によって得られるメリットを天秤がけする必要があります。去勢または避妊手術に際しては、予め必要なワクチンを接種して頂き、生まれてから一定日数経過後で、本人が万全の状態である時に実施することをお薦め致します。

  2014/12/05   スタッフ

動脈血栓塞栓症

 久しぶりのブログ更新です。昨日、今日と暖かい日でしたが、これから冬も本番へ向かおうとしております。季節ごとに多い疾患について触れてきましたが、動物でも寒さと血のめぐりに関連があることは否定できません。血液の循環が滞ったり、体内で異常な血液の流れが起こると血の塊(血栓)が形成されやすくなります。

 ヒトでは、脳血管に血栓が詰まることによる脳梗塞や、心臓を養っている冠血管に詰まることによる心筋梗塞が圧倒的に多いです。一方、動物では内股へ走る動脈を閉塞することが多くみられ、この疾患を動脈血栓塞栓症と呼びます。もちろん、その他の部位で起こることがないわけではありません。

 本疾患は、心筋症(心臓を構成する心筋が異常な形態を呈する)を有する猫において高頻度でみられます。本疾患に罹患した猫の多くは、「朝は元気に歩いていたが、帰宅したら後ろ足を引きずっており、足先が冷たい。」などを主訴に来院します。ですので、突然発症する病気といえます。

 診断は、臨床症状に基づき各種検査を行い、超音波検査により血管内に血栓が認められれば、確定します。血栓症の治療法として様々な方法が報告されております。血管に詰まった血栓を摘出する外科的療法や、血栓溶解剤を言われる薬剤を全身または局所投与して、血栓を溶かす血栓溶解療法や、ヘパリンなどの薬剤を用いてこれ以上血栓を作らせないようにする抗血栓療法などがあります。

 血栓症発症時の検査時において、心臓疾患が発覚することが多いのが現状です。したがって、明らかな症状で出てから検査をするのではなく、特に猫の場合、一定の年齢に達した個体や、聴診にて異常が認められる個体は、特に定期的な検診をお薦めしております。血液をかたまりにくくする薬剤などを用いることで、血栓症のリスクを回避できる可能性があるため、心筋症があると分かった場合は、速やかに内服薬の使用をおすすめ致します。

  2014/11/29   スタッフ

薬とサプリメント

  ヒトにおいて非常に多くのサプリメントが市販されており、まさに氾濫している昨今です。動物のサプリメントも同様に、近年様々な製品が販売されております。

 薬とサプリメントの違いのひとつは、法律面の問題です。医薬品は、ヒト用および動物用を問わず、薬事法により規制されております。その製造および販売は、この法律により厳しく制限され、効果または効能がはっきりしない製品を販売することはできません。したがって、医薬品、医薬部外品および化粧品は、効果および効能を添付文書に記載することができ、また記載すべきなのです。日本におけるサプリメントの位置づけは、「食品」であり、特定保健用食品または栄養機能食品に属する製品以外は、効果効能を記載できません。

 病気に対して、どのタイミングでお薬を開始するか、判断が難しいこともありますし、飼主様が「薬は使いたくない。」という場合もあります。そういうケースでは、薬以外にサプリメントによる治療をおすすめすることもあります。効能がはっきりしないサプリメントも決して少なくありませんが、一方、科学的根拠が豊富なサプリメントがあるのも事実であり、積極的に治療へ介入させることもあります。サプリメント自体は、動物病院としても正しい情報を飼主様に提供させて頂くと同時に、消費者である飼主様も、巷にあふれるサプリメントに惑わされ過ぎないようにする必要があります。

  2014/11/19   スタッフ

肥満について

 ヒトでも「メタボリックシンドローム」として社会的問題となっているように、動物でも肥満には注意する必要があります。必ずしも「肥満=病気」ではありませんが、肥満が各種病気の予備軍になるのは動物も同じであり、肥満による弊害として、糖尿病、心臓への負担増大、排便障害(便秘)、関節疾患、脊髄疾患および高脂血症などがあります。肥満の原因として、元来、その個体において脂質代謝に問題があることもあるため、肥満の原因を探ることも重要となります。

 特に、犬および猫では、体型の指標として、肋骨の浮き具合などを参考にするBCS(ボディ・コンディション・スコア)といわれる方法や、動物用機器による体脂肪の測定および頭の周囲や手足の長さから計測ソフトを用いて理想体重を算出する方法などがあります。

 ヒトでは、近年エクササイズによる肥満の予防および改善が盛んに行われておりますが、同様のことを動物で実施するのには困難な点があります。一方、お散歩などで適度な運動を行うことはもちろん動物(特に犬)でも重要ですが、運動以上に重要となるのが日々の食事です。

 まず、その個体に合った食事量にする設定する必要があります。また、「この位のおやつなら大丈夫だろう。」というようについ考えがちですが、人並みに大きな動物は別として、一般的な犬および猫の体格は、ヒトと大きくことなることを知っておく必要があります。例えば、5kg程度のワンちゃんに、毎日2センチ角程度のチェダーチーズを与えることは、成人が毎日ハンバーガーを1個食べるのと同程度のカリロー計算となります。その他の間食も、知らず知らずのうちにカロリーオーバーとなっている可能性があるので、チェックが必要です。

 フードは、どれを選べば良いか迷う程たくさんの種類がありますが、「一般食」つまり量販店などで市販されているフードでコントロールが困難な動物には、「療法食」といわれる減量用の特殊なフードをお薦めしております。

 もちろん、痩せ過ぎはもっと深刻な問題ですが、動物でも「肥満は万病のもと」と考える必要があります。

  2014/11/13   スタッフ

歯石について

 動物にもヒトと同様に歯周病があります。口腔内は元来、細菌の巣でありさらに食べ物のカスが歯間に残存することで、これらを餌とする細菌が増殖し、やがて歯石となります。歯石が付着して、口臭を発するだけならまだよいのですが、歯周病は徐々に進行し、歯肉の炎症や、歯を支える歯槽骨が溶解することで歯茎が後退し、歯が脱落することもあります。さらに、進行すると下顎では顎の骨が折れたり、上顎では歯が抜けた穴が鼻腔へと繋がることで、膿性鼻汁の分泌や、目の下が腫れたり、膿が破裂することもあります。口腔内の細菌が血液中に入り込むと、敗血症といわれる状態になり、命を脅かすこともあり得ます。

 細菌の増殖を抑えるために、一時的に抗生物質を使用することがありますが、根本的な治療は、歯のクリーニングです。既に付着している歯石は、ご自宅で除去することは困難なので、スケーラーと呼ばれる器具を用いて、歯石除去(スケーリング)を行いますが、動物ではヒトのように麻酔をかけずに行うことは不可能であり、全身麻酔にて実施することになります。したがって、麻酔に耐えうるか否か慎重に検討する必要があります。処置時、動揺が顕著な歯は、抜歯する必要があります。

 予防法は、やはりヒトと同様にご自宅における日々のお手入れです。最近は、様々なグッズが販売されておりますが、その中でもブラッシングは基本となります。ブラッシングが困難な動物には歯石を付着しにくくする固いフードや、デンタルケア用のフード、歯磨き用のペースト、歯磨きガムなどをお薦めしております。

歯石.png

左:スケーリング前の写真。黄土色の歯石が大量に付着しております。

右:処置後の写真。きれいに歯石が除去されました。

  2014/11/10   スタッフ

矢田獣医科病院

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel  0761-21-5413
fax 0761-24-6407