メニュー

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel 0761-21-5413

スタッフブログ・トップ

スタッフブログ

膝蓋骨脱臼

  本日は、膝の疾患についてお話しします。ヒトと同様に、動物にも膝のトラブルがあります。その中で、先天的な疾患として比較的多いのが、膝蓋骨脱臼です。

  太ももの芯である大腿骨の末端には、膝蓋骨といわれる小さな骨が納まるためのしっかりとした溝(滑車溝)が形成されております。しかしながら、この溝が生まれつき浅かったり、膝蓋骨を牽引している大腿四頭筋といわれる太ももの筋肉の一部が萎縮したり、脛骨(すねの骨)が内側に向いているなどの原因により脱臼が起こります。内側に脱臼したものを内方脱臼、外側に脱臼したものを外方脱臼といいますが、小型犬では圧倒的に前者の方が多くみられます。好発犬種としてポメラニアン、トイプードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、チワワなどが知られております。

 膝蓋骨脱臼の程度は様々であり、膝蓋骨がたまに脱臼する程度のもの、足の曲げ伸ばしによりはまったり外れたりするもの、常時外れた状態のもの、さらに膝蓋骨をはめようにもはまらない状態まであります。診断は、触診およびX線検査により可能です。軽度であれば、痛みなどの症状を呈することは少ないのですが、重度になると痛みや不自然な歩行を示すことがあります。症状が軽度の場合は、内科療法により鎮痛剤等を服用することで改善が得られることもあります。一方、脱臼の状態が長く続くと後ろ足の骨が、弓なりに変形してくるなどの異常が出てくるため、症状および脱臼が重度であれば、根治的な治療として早期の手術をおすすめ致します。

 膝蓋骨脱臼を整復する手術法として多くの術式が知られておりますが、当院では滑車溝に金属の板を埋め込み、堤防を築くことで膝蓋骨の脱臼を防ぐ方法を主に採用しております。

パラガード.png

左:術前X線画像(キャバリア、1歳齢)。両側の膝蓋骨が内側に変位(赤丸)しているのが分かります。

右:同症例の術後X線画像。金属板の装着により両側の内方脱臼が整復されました。(手術は片側ずつ計2回実施しております。)

  2014/11/08   スタッフ

矢田獣医科病院

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel  0761-21-5413
fax 0761-24-6407