メニュー

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel 0761-21-5413

スタッフブログ・トップ

スタッフブログ

僧帽弁閉鎖不全症

心臓模式図2.pngMR.png
 前回は、猫の死因として多い病気についてご説明しました。今回は、犬の死因として多くみられる心臓病についてお話ししたいと思います。心臓病といっても数々の疾患が含まれ、大きく先天的な疾患(生まれつき持っている疾患)と後天的な疾患(生後、種々の原因により発症する疾患)に分類されます。中~高齢犬でみられる後天的な心疾患として最も多いのは弁膜症といわれる疾患です。

  犬および猫における心臓内部の仕組みは、ヒトとほとんど同じです(図1参照)。心臓内には、4つの部屋(左心房、左心室、右心房、右心室)があり、各部屋は房室弁または中隔という壁により仕切られております。左心房と左心室の間には僧帽弁、右心房と右心室の間には三尖弁という大きな弁があり、これらの弁が閉じることで血液が逆流するのを防止しております。この機構があることで我々の体もそうですが、効率良くまた心臓に負荷をかけることなく全身に血液を送り出しております。ところが、この弁が年齢的な問題などにより障害を受けてくると、正常に閉じることができなくなり、血液の逆流が生じます。僧帽弁で生じているものを僧帽弁閉鎖不全症、一方三尖弁で生じているものを三尖弁閉鎖不全症と呼びます。

 血液の逆流が軽度であれば、臨床症状を呈することも少ないのですが、逆流が重度になってくると様々な症状を呈します。僧帽弁逆流の場合、症状として多いのは「元気がない」、「食欲がない」、「痩せてきた」、「動きたがらない」、「息が荒い(呼吸促迫)」、「咳をする」、「舌が紫色になる(チアノーゼ)」などがあります。重度の三尖弁閉鎖不全では、「お腹が張ってきた」などを外貌を呈し、腹水の貯留がみられることがあります。これらの心疾患は血液検査、胸部X線検査、心電図検査および心臓超音波検査(図2参照)などの各種検査によりは診断が可能です。

  一部の施設では、こうした弁膜症に対する外科的な治療を実施しておりますが、リスクおよびコスト面を考慮すると、現実的には内科的な治療をまず実施することになります。もちろん、お薬による治療は、傷んだ弁そのものを治療するわけではないため根治的とはいえませんが、種々のお薬を使い分けることによって大幅に心臓の負担を軽減することができ、心疾患を有している動物でも寿命を全うすることが期待できます。したがって、早期診断、早期治療が重要となります。 

  一方、心疾患に対する治療は、症状が出てからでは手遅れなことが少なからずあります。聴診のみで心疾患の有無を判断することは困難ですが、聴診において心雑音や心調律(心臓のリズム)の異常が認められる動物には特に心臓の精密検査をお薦めしております。また、一部の犬種(キャバリアなど)では、比較的若齢で本疾患がみられることがあり、キャバリアでは10歳を超えるとほぼ100%の確率で僧帽弁閉鎖不全症が認められることが文献的に分かっているため、注意が必要です。

 
  2014/10/21   スタッフ

矢田獣医科病院

〒923-0802
石川県小松市上小松町丙192-8
tel  0761-21-5413
fax 0761-24-6407